LDL下げる!HDLは上げる。コレステロールを健康値にする方法悪玉コレステロール下げるを方法 自分でできる簡単対策

善玉コレストロール(HDLコレステロール)って何?

HDLコレステロールのことを善玉コレストロールと呼びますがこれはなぜでしょうか。

またHDLコレステロールの働きとはいったいどんなものなのか簡単に説明しますね。

コレステロールは、細胞膜やホルモンなどの材料になるものです。

このため、肝臓と体の各部を行き来しています。

コレステロールが血液中に増え過ぎると、悪玉コレステロール(LDL)が動脈内にたまってしまい、動脈硬化の原因になります。

しかし、善玉コレストロール(HDL)はこの余分なコレステロール(悪玉)を血管壁から抜き取って肝臓に運んでくれ、動脈硬化を防いでくれます。

このことから「いいことをしてくれるコレステロール」故に「善玉コレストロール」というわけです。

善玉コレステロールが減りすぎる病気とは

善玉コレストロールが基準値より低い病気を低HDLコレステロール血症といいます。

これも、脂質異常症のうちの一つです。

善玉コレステロールは少なすぎると動脈硬化になる危険性があります。

健康診断等で血液検査をすると、すぐに数値として現れるので自分の状態を知るとよいでしょう。

善玉コレストロール HDLコレステロールの正常値:40mg/dl以上

善玉コレストロールが減りすぎてしまった場合もサプリメントや、適度な運動エクササイズで増加させることが可能な場合があります。

善玉コレストロールの場合の食事

基本的に悪玉コレステロールの場合と同じです。

お酒の飲み過ぎはダメ

脂っこい食事は避ける

不規則な生活、食生活はさける

お菓子の食べ過ぎはだめ

などです。

運動、食事、たらないならサプリなどで効率よく補って悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増加させていきましょう。

コレステロール lh比とは

コレステロールのlh比とは、悪玉と呼ばれるLDLコレステロールと善玉と呼ばれるHDLコレステロールの比率のことで、計算式はLDL数値÷HDL数値により算出します。

血管内のコレステロールが増えると脂質異常症などの原因になり、動脈硬化が進んで心筋梗塞などの病気になってしまうことがあります。

そのため、健康診断などでコレステロール値を測り、異常が見られた場合は生活習慣や食事内容を改善するよう指導されます。HDLは体内の不要なコレステロールを回収する働きがあるので、動脈硬化を抑える作用があり量が多い方が良いとされています。そしてLDLの量が増えてしまうとコレステロールが血管内に溜まってしまうので、それが血管壁にくっついて血流が悪くなったり、血管の柔軟性が失われて動脈硬化が起こります。

健康な状態を保つにはLDLの数値は低い方が良いのですが、近年の研究ではLDLが異常な値を示していても血管の状態はそれほど悪くない場合があり、反対にHDLが正常値を保っていても動脈硬化を起こす可能性があることが分かりました。

こうしたケースではそれぞれの数値は正常範囲でも、lh比でみると異常を示していることがあります。lh比は1.5以下なら正常な状態と判断され、2.0以上では動脈硬化の可能性が高くなります。lh比が2.5以上になると、すでに血栓ができていることもあり、心筋梗塞などの病気にも注意する必要が出てきます。

ご飯の量を抑制してダイエットをするという方法

通常、栄養とは食事を消化、吸収によって私たちの体の中に摂り入れ、分解や合成されることにより、発育や暮らしに不可欠の人間の身体の独自成分に変成されたものを言うのだそうです。

サプリメントを服用していると、生活習慣病を防ぐ上、ストレスに押しつぶされないボディーを確保し、いつの間にか病を癒したり、症状を軽減する身体のパワーをアップさせる機能があるそうです。

便秘とさよならする食事内容は、特に食物繊維をたくさん摂取することに違いありません。ただ食物繊維と呼ばれていますが、その食物繊維には豊富な種別があるそうです。

ルテインは本来私たちの身体の中で生み出されません。日頃からカロテノイドが多く備わった食べ物を通して、摂り入れることを忘れないことが重要なポイントです。

サプリメントが含むいかなる構成要素も表示されているか否かは、極めて大切なチェック項目です。一般消費者は健康であるためにもそのリスクに対して、十二分にチェックを入れることが大事です。

風呂につかると肩コリなどが癒されるのは、体内が温まったことにより血管がゆるみ、血流そのものが改善されて、それによって早めに疲労回復できると考えられているのです。

アミノ酸が含む栄養としてのパワーを確実に体内摂取するためには大量の蛋白質を持つ食物をチョイスして、1日三食でしっかりとカラダに入れるのがかかせないでしょう。

近ごろ癌の予防対策として話題になっているのが、私たちの治癒力を強力にする手段のようです。元々、にんにくには自然治癒力を強化し、癌予防につながる成分も多く含有されているとのことです。

フィジカルな疲労というものは、私たちにパワーがない時に重なるものなので、栄養バランスの良い食事でエネルギーを補足していくことが、すごく疲労回復に効きます。

愛用しているフルーツティー等、リラクゼーション効果のあるお茶も効果があるでしょう。失敗に因る不安定な気持ちをなだめて、気分を新たにできるというストレス解消法だと聞きました。

人間はビタミンを創ることができず、食べ物等を通して身体に吸収させるしかありません。充足していないと欠乏症状が発現し、摂取が度を超すと過剰症が発症されるということです。

緑茶にはそれ以外の食料品などとチェックすると多めのビタミンがあり、その量が相当数だという特徴が分かっています。こんなポイントを考慮しただけでも、緑茶は有益なものなのだとわかるでしょう。

ブルーベリーが持つアントシアニン色素は、ロドプシンと言う名の視力に関連性のある物質の再合成に役立ちます。そのために視力が低下することを阻止する上、視覚能力を善くするのだといいます。

ルテインは脂に溶ける性質なので、脂肪と一緒に摂取した時吸収率が向上するらしいです。ただ、肝臓機能がしっかりと作用していない人の場合、パワーが減るようなので、適量を超すアルコールには用心が必要です。

ご飯の量を抑制してダイエットをするという方法が、他の方法と比べて効き目があります。それと併せて、欠乏分の栄養を健康食品を用いてサポートするということは、大変重要だと断定します。

女性でも脂質異常症がある

女性ホルモンのひとつにエストロゲンというものがあります。

このエストロゲンは悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を減少させ、善玉コレストロール(HDLコレステロール)を増やしてくれる働きがあるのです。

ですが、エストロゲンは年齢を重ねるにつれ減っていき更年期に入ると減少が顕著になってしまします。

このため、女性もコレステロールが増えてしまい、動脈硬化による病気が増えてしまっているのです。

一般に女性の血管は男性よりも10歳若いと言われています。

そのため、50歳前後に悪玉コレステロールが上昇することが多いようです。

しかし、血管が若いため、すぐに動脈硬化は進まないのです。

自覚症状もないため、気づかないことが多い。

でも、放っておくと後々大変なことになる可能性があります。

そして、喫煙をしているとか、血糖値が高い方はリスクがあります。

診断の度ににどんどん数値が改善されるように、コレステロールを下げる方法や、食品を知り、その食事をして、運動と、サプリメントなどで数値を下げましょう。

そして、運動は更年期障害にも効果があり、さわやかな気持ち、晴れ晴れした気持ちにしてくれます。

適度に汗をかくことで、体の調子もよくなって、脂肪も燃焼して体重も落ちます。

内臓脂肪を落とすことで悪玉コレステロールも減ってくるので、楽しみながらエクササイズをしましょう!

コレステロールについてよくわかるオススメサイト

悪玉コレステロールを下げるためには食事、運動など様々なことに気をつけなければいけません。

悪玉コレステロール下げるというサイトではいろいろなコレステロール関係の知識や、健康的に痩せる運動方法などが掲載されていますので、オススメですよ。